作成:2000・02・24

お断り:恐縮ですが、個人的な感想と独断です。


SMCペンタックス M50mmF1.7 の思い出

M50mmF1.7/F2の外観は、20mmF4、28mmF2.8、35mmF2.8と同じサイズです。

 そもそも、M50mmF1.4を既に持っていたのに、物欲のおもむくまま、このSMCペンタクスM50mmF1.7を買いました。標準レンズならM50mmF2という選択肢もあり、レンズ全長31mmならどちらでも良かったのです。このM50mmF1.7は、フジヤカメラでオリジナルのレンズキャップだけでなく、6ヶ月中古保証の付いているまともなものを、(ケチな話で恐縮ですが)5千円で買いました。

 

 SMCペンタックス M50mmF1.7 の印象


 SMCペンタクスM50mmF1.7は、他の標準レンズ同様、ペンタックスAレンズ、AFレンズと、コーティングの色以外の変更は判りませんが、リニューアルが施されされながら引き継がれているようです。
 このレンズも、買ってから今まで使ったことがなかったので、M28mmF2.8、M135mmF3.5と撮り比べてみたのですが、焦点距離の特徴が少ない構図では、どのレンズで撮った写真なのか判らなくなるほど、いずれの描写も大変似ています。
 ペンタックスの標準レンズは、端正な写りですが個性はありません。一般的には、性能はF1.4のほうが上、ボケがあまり綺麗でないと云われています。とは云え標準レンズですから、必要にして充分な性能を持っており、使いやすいレンズです。好みの問題なのですが、M50mmF1.4ほど性能を背伸びして追求するといった印象もなく、M 50mmF1.4より素直な描写に好感が持てます。
 最短撮影距離は、0.45mと常識的なところです。

 

 その他


 今では、F1.7とF1.4のマニュアルの標準レンズは中古で買うしかありません。マニュアルではF1.2の選択肢がありますが、価格と使い勝手を納得して買う必要があります。
 昔、先輩から、F1.7とF1.4の差は僅かで、F1.4開放の解像力やコントラストはそれなりで、当たり外れもあるから、標準レンズは暗いほうにしなさいとアドバイスされたことがあります。その後、技術が進歩して焦点距離が50mmになったころから当たり外れもなくなり、F1.4の標準レンズの性能も向上しました。M50mmF1.7は、MEとMXに併せて新設計されたもので、タクマーレンズの化粧直しではありません。

 

 


 

 

   

 更新日 : 2001・06・20.