作成:2019・10・22

お断り:恐縮ですが、個人的な感想と独断です。


SMCペンタックス F 28mm F2.8 の思い出


 K-1のために買い足したレンズなのですが、すっかり忘れていていました。PCのパーツ探してネットオークションを見ていたら、F 28mm F2.8がおすすめに登場したので衝動に駆られそうになりましたが、振り返ってみると、ごめんね 。。。保管ボックスの中でシリカゲルに包まって寝ていました。

 

 SMCペンタックス F 28mm F2.8 の印象


 小型で軽量で、シャープネスと発色が良好で、FA28mmF2.8 ALと同等以上という世間の評判通りです。開放では周囲がソフトになりますが、F4から鮮明になり、F5.6からは、隅々まで高コントラストでとても良好な描写です。状況によるのですが、近接撮影時に背景が二線ボケ気味になることがあります。  
 最短撮影距離は0.3mで、F22まで絞れるので不満はありません。絞り羽根の枚数は5枚で、チープな5角形のゴーストイメージにならないかちょっと心配しながら使っています。  
 フィルターサイズは49mmです。フードは、樹脂製のPH-SB49ですが、直販でも売り切れとなっています。タクマーレンズのメタルフードは付くことは付きますが、紛失防止のためフィルタを介して取付けることが安全です。ただし、ワタシはそんな面倒なことはできないので、フードは付けません。  


 系譜


 F 28mm F2.8の兄弟として、レンズ構成が7群7枚で同じ光学系のMFレンズA 28mm F2.8が存在します。少し古いM 28mm F2.8も7群7枚ですが、前期型(1977)とちょっと簡素な後期型(1982)2種類があり、それぞれの光学系は異なります。Mレンズの後期型の光学系がF 28mm F2.8とA 28mm F2.8に引き継がれているようです。  
 さらに、後継のFA 28mm F2.8 ALでは、非球面レンズが採用されて5郡5枚となって、絞り羽根の枚数が6枚になっています。最短撮影距離は0.3mで、F22まで絞れるのは同じです。フィルターサイズは49mmです。

 なぜか、M 28mm F2.8の後期型とFA 28mm F2.8 ALが欲しいような気がしてきました。いや、気のせいです。気のせいデス。



 

   

 更新日 : 2019・20・22.

 Product Code 22517