作成:2000・02・26

お断り:恐縮ですが、個人的な感想と独断です。


SMCペンタックス Fズーム35mmF3.5〜135mmF4.5 の思い出

 SMCペンタックスFズーム35mmF3.5〜135mmF4.5とFズーム24〜50mmF4は、AFボディとしてZ-5を買うつもりで準備したものです。Z-5は買うのを躊躇しているうちに販売が完了してしまいました。代わって登場したMZ−5には、目頭が熱くなるほど感激してすぐに買いました。

 購入した当時、Fズーム35mmF3.5〜135mmF4.5は、程度の良いものは2万円程度でしたが、このレンズは、秋葉原の中古カメラ屋さんにて1万6千円で購入したものです。プラスチック鏡胴のガンブラックのペイントは手ずれが生じやすく、最近は、中古カメラ屋さんのショーケースにも程度の良いものは少なくなりました。

 

 SMCペンタックス Fズーム35mmF3.5〜135mmF4.5 の印象


 Fズーム35mmF3.5〜135mmF4.5は標準ズームとして準備しました、大きめですが3倍ズームとしては手ごろなサイズで明るさも納得できます。12郡16枚のズームレンズですから、こってりした色調の写りです。落ち葉や裸木の風景にはよく合いますが、鮮明さという点では若干不満があります。外観での特徴は、絞りの数字は彫りこみ文字ですがズームリングの数字はプリントです。

 望遠側のマクロ機能はついているものの、最短撮影距離が1.6mというのが、室内で広角から標準域を使用する上ではかなり辛い制約となります

 

 アタッチメントレンズ


 MZ−5で日常使用するにあたり、1.6mしか寄れないという問題への対応が必要です。専用のアタッチメントレンズ(クローズアップレンズ)は準備されていないので、まず58mm径のT183を買い求め試してみました。これで約1.0〜1.8mが撮影範囲になります。しかし、これでは度がきついので、適当なアタッチメントレンズはないものか思案しておりました。
 後日、このレンズを買ったお店で、中古フィルタのワゴンのなかに、SMCタクマーズーム85〜210mmF4.5付属のアタッチメントを見つけました。
 余談ですが、ショウーケースにはご本尊のタクマーズームが鎮座しており、中古ケースの段ボール箱にはくたびれた専用ケースがありました。このタクマーズームの最短撮影距離は3.5mで、この付属アタッチメントを付けた時の距離目盛も併記してあります。タクマーズームを買う人はコレクション目的でしょうが、このアタッチメントが無いと、撮影するたびに老眼鏡をなくしたオジサンの不幸を体験することになります。このまま5百円で買って行ってしまって良いのか躊躇しましたが、可愛いFズーム35mmF3.5〜135mmF4.5が少しでも使いやすくなるのなら良心もとがめません。


削ったフィルタ

アタッチメントを付けたところ

 


 実際には、前玉の枠とアタッチメントレンズの枠が干渉して、素直には付かないことが判りました。そこで、中古フィルタの1枚を犠牲にすることにし、フィルタ枠をヤスリで削ってスペーサを製作しました。(このスペーサは、フィルタのガラスを戻すと一応薄型フィルタみたいにはなります)
 こうして、Fズーム35mmF3.5〜135mmF4.5の撮影範囲は約1.2〜3.8mになりました。実際、アタッチメントを付けてまで撮影するかというと、露出もピントもカメラまかせに堕落した私にそんな根性はありません。
 ズームレンズとアタッチメントレンズの相性が悪いと画質が悪化します。ちなみにタクマーFズーム28mmF3.5〜80mmF4.5にT183を付けると周囲が流れて使いものになりません。

 

 


 

 

 

 更新日 : 2001・06・21.