作成:2000・02・26

 


ペンタックスFレンズについて


 MZ−5用のレンズは、80年代末のSFXシリーズ用のFレンズを揃えました。私の価値観では、Zシリーズ用のFAレンズは、いかにもコストを優先した質素な外観で、あえて新品のFAレンズを買うのはもったいないとしか思えなかったからです。

 FA
レンズや、リミテッドレンズも充実しては来ましたが、とても高価で、よだれは出ても手がだせません。若い時は平気でも、時と場所によりますが、地味で目立たない機材でないと、人前で抵抗なくカメラを構えることができなくなりました。多分FAレンズやリミテッドレンズは、買っても使う勇気はないでしょうし、体力も衰えているのだからと辛抱せざる得ません。

 Fズームは、クラシックレンズとしては新しすぎて、あまり注目されることがないかもしれませんが、性能や機能は追求途上の10年以上前のレンズです。
 そもそも、AFのレンズはあまり揃えるつもりはありませんでした。AFのボディの購入をためらいつつもSMCペンタクスFズーム35mmF3.5〜135mmF4.5とFズーム24〜50mmF4を先に買ってしまいました。MZ−5(カタログを見た時は、目頭が熱くなってしましました)を買ってからは、Fズーム35mmF3.5〜70mmF4.5 とFズーム70mmF4〜210mmF5.6、単焦点レンズF50mmF1.4を加え、FAFアダプター1.7×を揃えました。

 今では、ほとんどFズーム35mmF3.5〜70mmF4.5とFズーム70mmF4〜210mmF5.6しか使わないという堕落した状態になってしまいました。

 

 


Fキャップはロゴ部分に白ペンをさすと引き立ちます





以下のFレンズの印象を紹介します。


目 次


 

作例写真ギャラリーは休館中です

 

 



   更新日 : 2004・11・08.